SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

[杜王通信vol.03]ジョジョの作者・荒木飛呂彦先生が東北大学で登壇!参加希望者は申し込みを急げ!

Arakisensei seminar

大ヒットコミック『ジョジョの奇妙な冒険』の作者であり仙台出身の漫画家、荒木飛呂彦先生が東北大学(宮城県仙台市)にて講演を行います!あの独特な世界観を生み出すお方が一体どんなことを考えていて何を語るのか。わたし、気になります!

脳科学的分野からジョジョの世界に迫る!

荒木先生の講演は、2013年10月12日(土)に東北大学川内萩ホールほかで開催される「東北大学106周年ホームカミングデー」の一環として行われるもの。ホームカミングデーの説明については以下を参照。

東北大学ホームカミングデーは、同窓生が級友や懐かしい恩師と再会し、在校生と親睦・交流を 深めていただくため、そして何より「母校に帰ってきていただきたい」という思いを込めた企画であり、 創立100周年を迎えた2007年から毎年10月に開催し、今回で7度目となります。
via 東北大学106周年ホームカミングデー

荒木先生のパートは「仙台セミナー」として14:00〜16:00まで設けられています。気になる講演のタイトルは「荒木飛呂彦の世界に科学とユーモアはどこまで迫れるのか? -東北大学は扉を開き、道を切り拓くッ!-」。サブタイトルがいかにもジョジョらしいフレーズで胸が熱くなりますね。

なお、このセミナーへの参加申込(二次募集)は期限は2013年8月30日(金)16:00まで。東北大学の関係者以外も応募可能で抽選式となっております。生の荒木先生に会えるのは滅多にない貴重な機会ですので、興味のある方はぜひ以下のリンクから申し込んでみてください!

関連リンク

関連記事