SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

[杜王通信vol.1]ジョジョファンの聖地「杜王町」紹介!今回は「仙台七夕まつり」ですッ!

Jojo tanabata
(写真は原画展のチケット販売開始を告げた平成24年5月6日の河北新報朝刊)

昨年夏に開催された「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」にて、杜王町(仙台市)をモチーフにした描きおろし原画「七夕の仗助」が展示されました。この作品は、原画展(仙台会場)のキービジュアルとして、宣伝や会場案内のポスター等に使用されていたので、ご覧になった方も多いのではないかと思います。

仙台七夕まつりとジョジョ

「七夕の仗助」は、仙台七夕まつりをモチーフにしたもので、手前には「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」の主人公、東方仗助と杜王町民の杉本鈴美が、そして背景の巨大な七夕飾りの中には仗助のスタンド、クレイジー・ダイヤモンドが描かれています。

ジョジョ展発表の記者会見で、荒木先生はこの作品について「仙台のキービジュアルで、七夕をイメージしています。だまし絵になっていて、(七夕飾りの)中にスタンドがいるんですけど、その辺が『スタンドの心』みたいなものを表現して……うまく描けたかなと自分で思っています(笑)」とコメントしています。

壊れた物体、負傷した生物を元通りに直す・治す能力を持ち、「この世のどんなことよりもやさしい能力(by 空条承太郎)」とも評された仗助のクレイジー・ダイヤモンドが、震災でダメージを負った仙台を見守っているような一枚。この作品を通して荒木先生から勇気づけられた、励まされたと感じた方も少なくないのではないでしょうか。

24lkiroku1
(写真:仙台七夕まつり協賛会)

イラストのモチーフにもなっている仙台七夕まつりは、江戸時代から続いている伝統あるお祭りです。期間中は「七夕の仗助」に描かれているような七夕飾りが、アーケード商店街を中心に仙台市内のいたるところに設置され、祭りを盛り上げます。

豪華な七夕飾りは全国的にも有名で、例年200万人もの方が訪れています。なお、旧暦の七夕の日に合わせて、開催日は毎年8月6日〜8日の3日間となっています。そう本日から開催なのです!(生憎の大雨ですが・・・)

これは「七夕の仗助」を再現するチャンス!さぁ、あなたも七夕飾りの前で「ジョジョ立ち」して、写真撮影に挑戦してみてはいかがでしょうか?(※他の方の迷惑にならないようにしましょう)

to be continued…(続く)

関連リンク

関連記事

  1. SENDAI iPhoneographersのロゴ