SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

小説『東北ずん子 「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!』2013年10月29日発売!

Touhoku zunko novel

みんな大好き、東北ずん子ちゃんが主人公の小説『東北ずん子 「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!(さとう としお著)』がついに今月末発売されますよー!Amazonで予約もできるぞ!ずん子ちゃんファンは要チェック!

小説の内容、私気になります!

東北ずん子は、宮城県の名産であるずんだ餅をモチーフとし、東北応援を目的に作られたキャラクターです。彼女の最大の特徴は版権フリーキャラクターだという点。東北6県に本社がある企業なら商用でも申請なしで利用できるのです!

仙台出身の声優、佐藤聡美さんの声を元にしたボイスロイドとしても有名で、来年にはボーカロイドになることも決定している、今をときめく子なんですよヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

そんなずん子ちゃんを主人公にした小説が2013年10月29日(火)に発売されます!その名も『東北ずん子「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!』です!タイトルながっΣ(>Д<;) 舞台はずん子ちゃんが通う「ふるさと女学院」。その学院祭で「ずんだカフェ」を開くべく奮闘した日々を描いた作品とのこと。以下、Amazonより。

【STORY】
射った餅(もち)すべてを「ずんだ餅」に変えてしまう恐ろし…素晴らしい弓、「ずんだアロー」を携えた少女・東北ずん子は、ずんだ餅をこよなく愛していた。
ある日、ずん子が通う「ふるさと女学院」で、学院祭の出し物についての話し合いが始まる。ずん子は学院祭で「ずんだカフェ」を出展するべく、地道な活動を開始したのだった…!
姉の東北イタコ、妹の東北きりたんと共に、消えた枝豆の行方を追う「材料調達編」、イタコが口寄せしたジョブ○氏(!?)からプレゼンの極意を学ぶ「プレゼンテーション編」、コミケやメイドカフェでのプロの接客を学ぶ「敵情視察編」…ほか、花火大会、芋煮会でイタコ、きりたん、同級生の四国めたんや九州そらを巻き込み、ずん子は奔走する!
via Amazon.co.jp: 東北ずん子 「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!: さとう としお: 本

ひとことでいえばカオス ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

あまりにもぶっとんだ内容だったので逆に気になって予約しちゃいましたw 実際に読むのが楽しみやら怖いやら┣¨キ(o゚Д゚o)┣¨キ

ちなみに、小説がたくさん売れるとアニメ化の実現にもつながるそうですよ。1巻あたり3万部くらいの販売数で5巻くらいまで出ているのがアニメ化するための目安なのだとか。

というわけで、動くずん子ちゃんが見たかったら小説を買って応援しようそうしよう!

そういえば、ずん子ちゃんの小説って聖地募集とかしていたはずですが、あれはどうなったんでしょうね(´¬`)?

関連情報

リンク

関連する記事

関連記事