SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

「Wake Up, Girls!って何?」という人のための基本情報とテレビ版放送開始までの活動まとめ

Wug housou matome

先日から劇場版が公開され、他地域ではテレビ版もスタートしている『Wake Up, Girls!』ですが、いよいよ仙台でも今夜テレビ放映がスタートします!とはいえ、まだまだ「Wake Up, Girls!って何なの?」という人も少なくないと思うので、今回は放送記念企画として本作の基本情報や今までの活動について改めておさらいしていきましょう!

Wake Up, Girls!とは?

作品の概要!

『Wake Up, Girls!』は仙台・東北を舞台にアイドルを目指す少女たちを描くオリジナルアニメーション。仙台の弱小芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」が結成したアイドルグループ「Wake Up, Girls!」のメンバーである少女たちが、一歩ずつ「夢」に近づいていくサクセスストーリー。略称は「WUG(ワグ)」でファンの呼称は「ワグナー」。

監督を務めるのは「らき☆すた」、「かんなぎ」等の人気作を手掛け、自身もアイドルファンだという山本寛氏。脚本は待田堂子氏、キャラクターデザインは近岡直氏、音楽は神前暁氏と豪華スタッフ陣が集結し、並々ならぬ熱量で制作に取り組んでいることでも話題になっています。

仙台が舞台!

本作品は宮城県仙台市が舞台となっており、作中には綿密なロケハンにもとづく仙台の美しい街並や芋煮をはじめとする仙台の食文化がたくさん登場します。メンバー行きつけのカフェや、メンバーの実家となっているお店など、実在するお店や場所も数多く登場するため、観光PRへの貢献も期待されており、「仙台シネマ」にも認定されています。

キャストの成長も見所!

物語の中心となる「Wake Up, Girls!」を演じる七人のキャスト(声優)は、全員がオーディションで選ばれた新人。彼女達は声優としてはもちろん、現実世界における「Wake Up, Girls!」としてもアイドル活動を行っていく。アニメのキャラクターと現実のキャストが相互にリンクしながら成長し、輝いていくという点もこの作品の見所となっています。

  • 吉岡茉祐(島田真夢 役)
  • 永野愛理(林田藍里 役)
  • 田中美海(片山実波 役)
  • 青山吉能(七瀬佳乃 役)
  • 山下七海(久海菜々美 役)
  • 奥野香耶(菊間夏夜 役)
  • 高木美佑(岡本未夕 役)

また、アニメのキャラクターとキャストで名前の読みが同じ、服装や持ち物も一緒、ほくろの位置などの身体的特徴も一致させているほか、キャストの性格や顔の輪郭をキャラ作りに取り入れるなど、アニメと現実が相互にリンクする作りとなっている点もこの作品の特徴といえます。

メインキャラのひとりである林田藍里役の永野愛理さんは仙台出身で、イベントや舞台挨拶などでは必ずといっていいほど「この作品をきっかけにぜひ仙台にも遊びにきてください!」、「仙台でもイベントやりたいです!」と仙台PRを欠かさない素晴らしい郷土愛の持ち主。こういう想いを持って取り組んでくれているのは純粋に嬉しいですよね(•ᴗ•)

テレビ版と劇場版

『Wake Up, Girls!』にはテレビ版と劇場版が存在しますが、劇場版はアイドルグループ「Wake Up, Girls!」が結成されるまで、および島田真夢が加入するまでの話、テレビ版は結成してからの話(劇場版の続き)となっています。どちらから見てもわかる作りにはなっていますが、詳しく知りたい方はぜひ劇場にも足を運んでみてください♪

いままでの道のり

オーディション開催!

Wug audition

いまからさかのぼること1年と少し前、2012年9月10日、『Wake Up, Girls!』制作記者発表会にて、キャスト募集のオーディションが行われることが発表されました。キャッチコピーは「この夢(アニメ)はきっと日本を元気にするから」。

公式サイトオープン!

Wug site open

2013年6月10日、『Wake Up, Girls!』の公式サイトがオープン。青葉城跡から仙台の街並をバックにしたキービジュアルが公開され話題となりました。なお、この時はバックショットのみでまだキャラの顔は非公開。

ワンフェスでキャストお披露目!

Wug cast happyo

2013年7月28日、「ワンダーフェスティバル2013」にてお披露目イベントを開催。ここで初めてキャスト7人とメインキャラクターのビジュアルが明らかに。また劇場版とテレビ版が同時公開されることもここで発表されました。

仙台訪問!

Wug sendai visit 03

2013年8月5日、「Wake Up, Girls!」の7人および制作関係社が仙台を訪問。仙台七夕まつりで短冊に作品への想いを記したほか、ロケハンや地元紙への露出、大崎八幡宮でのヒット祈願などが行われた模様。

コミックマーケット84出展!

Wake up girls wug

2013年8月10日〜12日までの3日間、「コミックマーケット84」に出展してキャスト7人が自らオフィシャルブックを販売。握手会も開催されました。この時販売されたオフィシャルブックには『Wake Up, Girls!七人のアイドル』の試写会招待権も付いていましたよ。

ティザーPV公開!

Wake up girls teaserpv00

2013年、公式サイトにてティザーPVが公開されました。内容はワンダーフェスティバル84の発表時に流れたものと同じ。切なげなピアノの音色が印象的な映像です。

ショーケースイベント開催(全4回)!

Wake up girls megamaga

2013年9月から月に一回、秋葉原Twin Boxにてショーケースイベントを開催。こちらは「Wake Up, Girls!」のキャスト7人が日頃のレッスンの成果を発表する場という位置づけで、オリジナルストーリーの実演やトーク、ライブイベント等を行うというもの。

公式ニコニコ生放送開始!

Wake up girls teaserpv02

2013年11月から『Wake Up, Girls!』の公式ニコニコ生放送がスタート。「Wake Up, Girls!」のメンバーや、ライバルグループである「I-1クラブ」のメンバーが登場し、作品の紹介をしつつトークや対決を行うというもの。現在までに3回が放送されています。

劇場版公開&テレビ版放映日等決定!

Wug key visual

劇場版とテレビ版が2014年1月10日に公開されることが発表されました。仙台での放送が発表されたのもこの時。仙台でも放送されると聞いたときはホッとしましたねε-(´∀`*)

『聖地巡礼展in仙台』で展示!

Seichi junreiten sendai

2013年12月4日から仙台のさくら野百貨店でスタートした「聖地巡礼展in仙台」のプレイベント、および2013年12月25日〜2014年1月13日(月)開催の本編にて、『Wake Up, Girls!』が展示されています。本編の方ではメインキャラのパネル展示やグッズの先行販売なども実施。12月24日には「Wake Up, Girls!」訪れたそうです。

『Wake Up, Girls!ステージの天使』配信開始!

Wug stage angel 01

劇場版やテレビ版のスタートに先駆け、Mobageで『Wake Up, Girls!』のソーシャルゲームがスタート。背景に仙台駅をはじめ仙台の街並が多数登場するほか、体力回復に必要なアイテムが「ずんだ餅」だったりとご当地ネタにも注目です。

『Wake Up, Girls!七人のアイドル』PV公開!

Wug pv kaikin

主題歌である「タチアガレ!」がちょっとだけ聞ける劇場版『Wake Up, Girls!』のPVが公開。「がんばっぺ!」のかけ声が印象的ですね。

「Green Leaves」会社案内資料お渡し会in仙台開催!

Wug company file

「Wake Up, Girls!」の7人が仙台アニメイトに訪れ、所属事務所であるグリーンリーヴスの「会社案内資料お渡し会」という体で自分のキャラクターの履歴書を渡すイベントを開催。仙台では初のイベントとあって多くのファンが駆けつけました。なお、この時仙台でMVの撮影も行われたそうですよ。

「Wake Up, Girls!炎の七番勝負 ヤマカン出てこいやー!」開催

Wug 7battle shop

2013年12月29日、秋葉原UDXで「Wake Up, Girls!」の7人やライバルグループである「I-1クラブ」、山本監督、制作委員会の方々など、多くの関係者が出演する大型イベントが開催されました。仙台からはむすび丸や伊達部招隊も参戦。ラストのライブイベントでは劇場版主題歌「タチアガレ!」やテレビ版ED「言の葉 青葉」を披露し、熱狂的な盛り上がりを見せました。

コミックマーケット85でコラボグッズ販売!

Wug earth c85 01

12月30日、31日の二日間、アースジャパンレーベルのブースにて「Wake Up, Girls!」とのコラボ商品であるダンスウェアの先行販売が行われました。かっこかわいいウェアですよ♪

完成披露試写会実施!

2013年1月5日、劇場版『Wake Up, Girls!七人のアイドル』の完成披露試写会が行われました。上映後の挨拶ではダンスシーンだけで7,000枚の画が使われていること、キャストが実際に踊った映像を撮り、それを元に画を起こしているため個々人のクセまで反映されていることなどが語られ、会場を驚かせました。

公式ガイドブック発売!

Wug guidebook

2014年1月9日、劇場版の公開前日にオフィシャルガイドブックが発売。早速このガイドブックをもとに遠方から聖地巡礼に訪れている方もいるようです。

劇場版公開!仙台シネマ認定!

Wug sendaicinema
2014年1月10日、ついに劇場版が公開。初回舞台挨拶は作品のモデルである仙台の映画館・MOVIX仙台で行われました。県内外から多くの人が集まり、仙台での舞台挨拶は3回とも満席。期待の高さがうかがえる公開初日となりました。

また、初回の舞台挨拶には仙台市副市長も登場し、『Wake Up, Girls!七人のアイドル』を「仙台シネマ」に認定する認定式も行われましたよ。

仙台放送でテレビ版スタート!

Wug sendai housou

そしていよいよ今夜、2014年1月12日(日)から仙台放送でテレビ版『Wake Up, Girls!』の放送がスタートします!放送時間は25:25から!仙台放送のサイトでは仙台バージョンの番宣映像も見ることができます。これ多分期間限定なので興味のある方はぜひお早めに以下のリンクからご覧ください!

劇場版「Wake Up, Girls!  七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]
エイベックス・マーケティング (2014-02-28)
売り上げランキング: 46
Wake Up, Girls! OFFICIAL GUIDE BOOK (Gakken Mook)
学研パブリッシング (2014-01-09)
売り上げランキング: 628

関連リンク

関連記事