SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

仙台のICカード乗車券「イクスカ」と「Suica」の相互利用サービスが2016年春スタート

Ikusuca suica

JR東日本がと仙台市交通局が、今年の12月に導入予定のICカード乗車券「イクスカ」と「Suica」の相互利用サービスを、2016年春から実施をすることを発表しました。

これにより、仙台市営地下鉄、仙台市営バス、宮城交通バス、JR線が「イクスカ」と「Suica」のどちらでも利用可能になるとのこと。ただし、「イクスカ」が利用できるのはSuicaが利用可能な仙台エリアに限定されるため、首都圏エリア、新潟エリアでは利用できません。また、Suica加盟店での電子マネーとしての利用もできないとされています。

「イクスカ」は今年12月からスタートしますが、その時点では地下鉄南北線のみ利用可能。翌年の東西線開業に合わせて、東西線、市営バス、宮城交通バスへと利用範囲が広がっていくそうです。利用できるバスエリアは現在検討中となっており、現時点では詳細は不明。

「イクスカ」の名称は公募によって決定されたもの。「行く」と仙台弁の語尾「~すか」を組み合わせた造語で、英語の「イクスカーション(小旅行、遠足:excursion)」という意味も含まれているそうです。

その他最終審査に残った名称には「イクスカ」「ダテカ」「ノルッチャ」「ササピ」「モリカ」 などがありました。個人的には「ノルッチャ」推し。

相互利用サービスの開始時期は2016年春を予定。具体的な開始日や内容についてはまとまり次第の発表となります。

関連リンク

関連記事