SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

300年以上もの伝統を誇る仙台駄菓子の老舗「元祖 仙台駄菓子本舗 熊谷屋」【仙台市/青葉区】

Kumagaiya

元禄八年(1695年)に創業し、300年を超える歴史を持つ仙台駄菓子の老舗「熊谷屋」。今回は、現在絶賛放映中のアニメ『Wake Up, Girls!』の舞台としても登場するこちらのお店と、アニメとのコラボで誕生したオリジナル駄菓子をご紹介したいと思います!

種類豊富な仙台駄菓子がいっぱい

熊谷屋は、仙台でも最も古い歴史を持つ由緒正しき仙台駄菓子のお店。本店は木町通りのフォーラム近く。最寄り駅は北四番丁で、駅からは徒歩5〜6分といったところでしょうか。創業以来ずっと同じ場所で営業をしているということで、現在のご主人は十代目となります。

仙台駄菓子 くるみゆべし お中元・お歳暮・お土産・ご贈答に/元祖 仙台駄菓子本舗 熊谷屋

ゆべしや饅頭、飴、麦菓子といった伝統的な仙台駄菓子のほか、みそぱんやむすび丸をイメージしたかわいらしい練りきりなど、種類豊富なお菓子を扱っており、老若男女問わず幅広い層から親しまれています。

Kumagaiya 14

Kumagaiya 09

ちなみに、仙台駄菓子とはこの地方の郷土菓子の総称のことで、いちばんの特徴は種類が豊富な点にあります。各地方に古くから残ってるお菓子がありますが、仙台の場合は特に種類が多いそうです。

原材料には麦を使うものもありますが、ほとんどがもち米を原料としています。これは、「伊達62万石」という言葉もあるように、仙台藩が米どころであり、米を手に入れやすかったことに起因していると思われます。また、商人が奥州街道を行き来していたことで、雑穀をはじめ色々な原料が手に入れやすかった、というあたりもルーツといえそうです。
Kumagaiya 04

熊谷屋さんの数あるお菓子の中で特にオススメしたいのがゆべし。
Kumagaiya 06

仙台ではゆべしを扱うお店はたくさんありますが、熊谷屋さんのくるみゆべし(4ヶ入りで500円)は他とは一線を画す美味しさなのです。
Kumagaiya yubeshi 01

ポイントはくるみの大きさと量。大きめサイズのくるみがゴロゴロ入っていて食べごたえ満点!
Kumagaiya yubeshi 02

一般的なゆべしは柔らかい食感のものが多いのですが、熊谷屋さんのくるみゆべしはサクッと歯切れがいい食感が楽しめます。甘さも控えめで、一度食べるとクセになる美味しさですよ♪

『Wake Up, Girls!』の聖地

仙台・東北を舞台にアイドルを目指す七人の少女たちの活躍を描いたアニメ『Wake Up, Girls!』。熊谷屋さんは、その作中に登場するメインキャラクターの一人「林田藍里」の実家として登場しており、ファンの間では聖地としても親しまれています。

Kumagaiya 02

このアニメは綿密なロケハンによって制作されており、作中には現実の仙台とそっくり同じ風景が多々登場しています。以下の画像はアニメの中の熊谷屋さんですが、これなんかももう本当にそのまま同じ光景が店内に広がっているわけです。

わたしがお店に行った時は林田藍里ちゃんの等身大パネルも置かれていて、まるで本当にアニメに入り込んだような不思議な感覚を味わうことができましたよ♪
Kumagaiya 03

なお、店内には『Wake Up, Girls!』の監督である山本寛監督や、主演となる声優陣のサインも飾られていました。
Kumagaiya wug 02

コラボ商品も展開

熊谷屋さんでは、通常のお菓子の他に『Wake Up, Girls!』とのコラボによって誕生したオリジナル商品も販売されています。現在用意されているのは「林田藍里」と「七色の飴」の二種類。

林田藍里

大麦を使ったお菓子で、こうせん(麦の粉)と三温糖、和三盆を混ぜたものを型に入れて押し固めたもの。
Kumagaiya airi 02

型はこのお菓子のために新たに作られた特注のものを使用。熊谷屋さんの”娘”である「林田藍里」の名前が大きく印字されています。お値段600円(税込)。
Kumagaiya airi 04

元々は別の文字が入ったお菓子があり、それの林田藍里バージョンとなります。包装もかわいらしく、週末には売り切れが出るほどの人気商品です。

七色の飴

こちらは「Wake Up, Girls!」のメンバー数である7人にかけて、味が違う7種類の飴が入った商品。「Wake Up, Girls!オフィシャルガイドブック」にも掲載されています。
Kumagaiya nanairo 01

久海菜々美ちゃんならぶどう飴、といったように、メンバーのテーマカラーに合わせた飴を取り揃えており、細部にまでこだわりが感じられる内容となっています。
Kumagaiya nanairo 03

パッケージもかわいくて食べるのがもったいないですね。お値段1,200円(税込)。

おわりに

以上、熊谷屋さんと『Wake Up, Girls!』コラボ商品等のご紹介でした。なお、コラボ商品の「林田藍里」と「七色の飴」は、本店とS-PAL店ザ・モール仙台長町店だけの取り扱いとなります(2014年2月19日執筆時点)。

宮城に来ないと手に入らないので、気になる方はぜひ聖地巡礼に訪れてみてください。そして、願わくばぜひ本店に行ってアニメとリアルとのリンクっぷりを楽しむと同時に、仙台駄菓子の魅力を知り、それを広めていっていただければと思います。それではまた!

お店情報

  • 名前:元祖仙台駄菓子本舗 熊谷屋 本店
  • 住所:宮城県仙台市青葉区木町通二丁目二番五十七号
  • TEL:022-234-1807
  • 営業時間:8:30~17:30
  • 定休日:日曜日

関連リンク

関連記事