SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

文字のチカラで石巻の復興を支援する「のらもじ in 東北」が素敵

Noramoji in tohoku

店名や看板といった町で見かけた個性的な文字を「のらもじ」と名づけてフォント化→配布する「のらもじ発見プロジェクト」が、Yahoo!Japanと協力して「のらもじ in 東北」なる復興支援プロジェクトをはじめました。のらもじが特定の地方都市で行われるのは初の試みとなります。

「のらもじ in 東北」の舞台は宮城県石巻市。石巻を実際に歩いてのらもじを発見し、分析してフォント化。フォントの配布やフォントを使ったグッズの販売を行い、その売上を石巻市に還元するというもの。

Noramoji in tohoku 02

現在6つののらもじが公開されており、サイト上で任意のひらがなを入力することで、各のらもじのサンプルを見ることができます。この見せ方がすごく面白いので、興味のある方はぜひサイトにアクセスして試し打ちをしてみてください!

試し打ちはこちら

参考までにわたしが試したものがこれ↓
Noramoji in tohoku 03

こちらは「サルコヤ」というフォントを使わせていただきました。レトロな雰囲気がたまらないフォントですね。町の景観にも見事に溶け込んでいます。

これらのフォントはサイト上で募金、もしくはTwitterかFacebookでシェアを行うことでダウンロードできます。フォントの無断転載・再配布・改造は禁止ですが、フォントをデザインの一部として使用(ロゴやバナー作成などへの使用も含む)する場合は、商用・私用を問わず自由に使えるのも特徴です。

通常の「のらもじ発見プロジェクト」では、フォントの提供元であるお店に直接還元されますが、「のらもじ in 東北」では、石巻で活動するピースボート災害ボランティアセンター経由で、石巻の町全体に還元される仕組みとなっています。
Noramoji in tohoku 04

また、Yahoo! JAPANの復興デパートメントにて、地元メーカーの作る「のらもじグッズ」も近日中に発売予定。発売が始まり次第TwitterFacebookで告知するとのこと。気になる方はフォローしておきましょう。

「石巻に昔からある商店街に残されているユニークなデザインを、財産と考え、復興支援をするとともに、そこにあるのらもじが街とともに残っていくことを目指したい」という素敵な想いが込められたプロジェクト。文字を使った新しい復興支援に注目です!

木の屋 石巻水産 さば味噌煮缶詰 T2(170g) 12缶
木の屋 石巻水産
売り上げランキング: 36,694

関連リンク

関連記事

お知らせ

スポンサーリンク