SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

白石温麺の老舗・きちみ製麺と東北ずん子がコラボ!「ずんだ温麺(東北ずん子パッケージ)」6月上旬発売!

Zunda umen

スタンプラリーラッピングバスなど、東北ずん子のイベントや商品で盛り上がる白石市から新たなずん子ちゃんグッズが登場!白石市の銘産「白石温麺(しろいしうーめん)」とずん子ちゃんがコラボした「ずんだ温麺(東北ずん子パッケージ)」が6月から発売されます♪

「ずんだ温麺」を製造・販売するのは明治30年から白石温麺を作り続けている「きちみ製麺」さん。「本当に美味しいと言ってもらえる白石の温麺」を作るため、原料にこだわり、昔ながらの製法を今もなお貫いている老舗です。

馴染みがない人のために一応説明しておくと、温麺は素麺の一種です。一般的な素麺とは違い、油を用いないのが特徴。長さ10センチほどの短い束で売られており、宮城県白石市の特産品が故に白石温麺とも呼ばれます。

「ずんだ温麺」は、そんな白石温麺と東北ずん子ちゃんのコラボ商品です。宮城県産の青ばた大豆粉を練り込んだ、見た目にも鮮やなグリーンの麺が特徴。ずんだの香りがほのかに漂うこの麺に、絶品の肉味噌を絡めていただきます。

ちなみにこの食べ方は、味噌を撃ち出す東北きりたんの「きりたん砲」にもちなんでいるとのこと。細かいながらもこういうこだわりは心惹かれるものがありますね。

Zunda umen02

なお、こちらはオリジナル東北ずん子シール付きとなっています。シールの絵柄は数種類。白石市内やメーカーであるきちみ製麺ゆかりの場所を背景に、ずん子ちゃんを中心としたキャラクターが描かれているそうですよ♪

発売は6月上旬を予定。きちみ製麺の売店・ホームページ、宮城県のアンテナショップ、池袋の宮城ふるさとプラザで販売が決定しているほか、阿佐ヶ谷アニメストリート、高速道路のPA・SA、宮城県内の土産物店等でも販売が予定されているそうです。

県外の方には馴染みが薄いかもしれませんが、温麺はとっても美味しいので、気になった方はこれを機にぜひ一度食べてみてください♪

ずんだ温麺 肉味噌たれ付 東北ずん子パッケージ
きちみ製麺
売り上げランキング: 8,588

関連リンク

関連記事