SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

ずん子の姉と妹にも歌声を!「東北イタコ」と「東北きりたん」のUTAU音源製作プロジェクト開始

Itako kiritan project 01

東北地方応援キャラクター「東北ずん子」の姉「東北イタコ」と妹「東北きりたん」の歌声素材と3DCGモデルの製作を目的としたプロジェクトが、クラウドファウンディングサイト「GREEN FUNDING Lab」でスタートしました。

目標金額は200万円で期限は10月2日(木)までの約1ヶ月間。見事達成した際には、東北3姉妹を一緒に歌わせたり踊らせたりできるようになりますよー!

ずん子と東北3姉妹

東北ずん子は、東北地方の応援を目的としたキャラクター。東北の銘産「ずんだ餅」がモチーフで、イラストレーターの江戸村ににこさんがキャラクターデザインを担当しています。

2012年には、アニメ「けいおん!」の田井中律や「氷菓」の千反田えるを演じる人気声優・佐藤聡美さん(仙台出身)が声を担当するボイスロイドが発売。2013年には『東北ずん子「むちむち」じゃありません!「もちもち」です!』で小説化。さらに2014年6月にはボイスロイドと同じく佐藤聡美さんが声を務めるボーカロイドも発売され、近年ますますその活躍の場を広げています。

Tohoku zunko

「版権フリー」キャラクターとも呼ばれる東北ずん子は、キャラクターイラスト利用のガイドラインが非常にゆるく設定されており、原則として非商用なら事前申請なしで自由に使えるのが特徴。さらに、東北の企業なら無料&申請なしで商用利用も可能とされており、白石市の観光企画に用いられたり、ずんだ餅などの商品パッケージに使われるなど、企業や自治体のPRにも貢献しています。

そんな「東北ずん子」には姉と妹がいます。姉の「東北イタコ」は青森県のりんごやイタコをモチーフにしたキャラクター、妹の「東北きりたん」は秋田県のなまはげときりたんぽ鍋をモチーフにしたキャラクターとなっており、三人揃って「東北3姉妹」と呼ばれ、親しまれています。

Tohoku itako
▲東北イタコ
Tohoku kiritan
▲東北きりたん

人気声優を迎えて「UTAU」用音源を製作

今回のプロジェクトは「東北イタコ」と「東北きりたん」の歌声素材と3DCGモデルの製作を目的としたもの。歌声素材は、歌声合成ツール「UTAU」用の音源データとなります。

「UTAU」は、専用の歌声素材を使って歌唱パートが作れるシェアウェアです。公式サイトからソフトをダウンロードし、歌声素材を追加することで「イタコ」や「きりたん」の声で歌わせることが可能となります。

なお、プロジェクトが無事成立した場合、「東北イタコ」の歌声は、アニメ「彼女がフラグをおられたら」のヒロイン、菜波・K・ブレードフィールド役で知られる若手人気声優・木戸衣吹さんが担当します。

Kidoibuki itako
▲木戸衣吹

また「東北きりたん」の歌声は、アニメ「プリパラ」の主人公、真中らぁらなどを演じる声優で、アイドルユニット「i☆Ris」のメンバーとしても活躍する茜屋日海夏さんが担当するとのこと。

Akaneyahimika kiritan
▲茜屋日海夏

木戸さんは青森県、茜屋さんは秋田県の出身ということで、仙台出身でずん子を演じる佐藤さんと同じく、プロジェクト達成の際には、それぞれのキャラクターとも縁の深いキャスティングが実現することとなります。

歌声素材、3DCGモデルは無料配布

プロジェクトを達成した場合には、製作されたUTAU用の歌声素材と3DCGモデルは無料で配布されます。既にボカロ化を達成し、3DCGモデルも公開されている東北ずん子も加え、3姉妹で一緒に歌わせたり踊らせたりするなど、ますます表現の幅を広げることができます。

さらに、これらの素材は東北ずん子のライセンスと同じく、東北の企業なら商用でも無償で利用可能になるとのこと。プロモーションビデオの製作やイベントでの使用、ゲーム製作、プロジェクショ­ンマッピングを用いたライブイベントなどなど、様々な用途での活躍が期待できます。

プロジェクトの目標金額は200万円。期限は10月2日(木)の24時まで。500円から支援できるので、3姉妹のコラボを実現させたい方、イタコやきりたんの声を聞いてみたい、という方はぜひ以下のプロジェクトページにアクセスしてみてください!

東北ずん子の姉と妹を歌わせてあげたい! 東北イタコ、東北きりたんのUTAU音源製作! | GREEN FUNDING Lab

東北ずん子  「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!
さとう としお
PHP研究所
売り上げランキング: 234,747

関連リンク

関連記事

お知らせ

スポンサーリンク