SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

貴重な原画にタチコマの巨大フィギュアも!「攻殻機動隊原画展in石ノ森萬画館」レポート

kokaku-gengaten-01

全世界に熱狂的なファンを持つ「攻殻機動隊」シリーズ。その生誕25周年を記念した企画展「攻殻機動隊原画展in石ノ森萬画館」が1月17日(土)からスタートした。貴重な原画や資料が数多く展示されるほか、グッズコーナーやコラボメニューも用意されるなど、様々な切り口で作品の魅力に迫るイベントとなっている。

「攻殻機動隊」シリーズの貴重な資料を大公開

原画展では「攻殻機動隊」の歴史とその知られざる裏側を公開。原作を手がける士郎正宗氏のコミック版「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」からはじまり、アニメーション作品である「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「イノセンス」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」そして最新作「攻殻機動隊ARISE」に至るまで、全シリーズの原稿や原画、資料が解説付きで展示される。

kokaku-gengaten-02

「アニメーションができるまで」というコーナーでは「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を例に、作品が完成するまでの流れを紹介。美術やキャラクターの設定資料に加え、絵コンテ、レイアウト、原画、撮影・編集など、各工程ごとに実際の現場の作業が丁寧に解説されている。

kokaku-gengaten-03

順路を進むと「イノセンス」のメインビジュアルにも登場するバトーの愛犬、ガブリエルや、愛嬌のあるルックスで人気の思考戦車「タチコマ」の巨大フィギュアの展示も。いまにも動き出しそうな、そのリアルな姿は一見の価値ありだ。

kokaku-gengaten-04

さらには、Production I.G代表取締役社長の石川光久氏、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」「イノセンス」を手がけた押井守監督など、豪華製作陣が攻殻機動隊25周年に寄せたメッセージも展示されるなど、ファン必見の内容となっている。

「原画展公式図録」購入でポスタープレゼント

原画展の開催に合わせて、萬画館1Fのグッズ売り場では「攻殻機動隊」を特集したコーナーが登場。クリアファイル、ラバーストラップ、iPhoneケース、クリアシール、ドリンクホルダー、パスケース、ラバーコースター、ICカードステッカー、ポストカード、デイパック、Tシャツ、サントラCD、DVD、タペストリー、デスクマット、卓上カレンダーなどなど、実に様々な商品が販売されている。

kokaku-gengaten-05

注目は、今回展示された原画も収録されている「原画展公式図録(2,160円)」。スペシャルピンナップ付きという豪華な内容となっている。原画展に訪れた記念として、ぜひ持っておきたい一冊だ。

kokaku-gengaten-06

ハイクオリティなコラボメニューにも注目

3Fの展望カフェBLUE ZONEでは、原画展の期間限定で「攻殻機動隊」をイメージしたコラボメニューが販売される。気になる内容は、タチコマフロート(500円)、MOTOKOフロート(500円)、天然オイル(250円)、甲殻!カニトマトクリームパスタ(850円)、甲殻!エビアボカドサラダごはん(850円)の計5品。ユニークなネーミングとは裏腹に、見た目と味にこだわった本格的なメニューとなっている。

kokaku-gengaten-07

人気メニューのタチコマフロートは、ブルーハワイシロップをソーダで割り、バニラアイスを浮かべたスペシャルドリンク。透明感のあるソーダと白のバニラアイスでタチコマを再現した、見た目にも楽しい一品だ。アラザン(銀色に光った食用の粒)でタチコマの顔を表すなど、細部にいたるまでこだわりが感じられる。

kokaku-gengaten-08

なお、コラボメニューを注文した人には1品につき1枚のブロマイドがプレゼントされる。絵柄は全部で5種類。メニューごとに決まった絵柄となっているので、コンプリートしたい人は全メニュー制覇を目指そう。

開催は4月19日(日)まで!

何から何まで攻殻づくしの「攻殻機動隊原画展in石ノ森萬画館」は、1月17日(土)〜4月19日(日)までの開催となる。会場は石ノ森萬画館(宮城県石巻市)で、入場料金は大人800円、中高生500円、小学生200円、未就学児無料。料金には常設展示の観覧料も含まれる。なお、入場料金が必要となるのは原画展のみで、カフェとグッズコーナー等は無料で利用可能だ。

2015年に「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 新劇場版」、2017年にはハリウッド実写版の公開が発表されるなど、まだまだ躍進を続ける「攻殻機動隊」シリーズ。そのルーツと歩みを、この原画展で今一度振り返ってみてはいかがだろうか。

⒞士郎正宗/講談社
⒞1995士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
⒞士郎正宗/Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会
⒞大山タクミ/講談社
⒞士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」政策委員会
⒞2004士郎正宗/講談社・IG,ITNDDTD

関連記事