SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

「Party Rockets」1stアルバム『TRIANGLE』発売記念イベントレポート in タワレコ仙台ロフト店

party-rockets.jpeg(「Party Rockets」公式サイトより)

2014年12月17日(水)から12月19日(金)、「Party Rockets」の1stアルバム『TRIANGLE』発売を記念して、タワーレコード仙台パルコ店にて3日連続のインストアライブが開催されました。この記事では、その最終日となる12月19日に行われたイベントの様子をお届けしたいと思います。

Party Rocketsとは

「Party Rockets」は仙台発の現役女子中高生、吉木悠佳(よしきはるか)、藤田あかり(ふじたあかり)、菊地史夏(きくちふみか)によるロックガールズグループ。アイドルには珍しい本格的なロックサウンドにのせた、ハイクオリティなパフォーマンスが持ち味。2014年から新生Party Rocketsとしてスタートを切りました。

今回発売となった1stアルバム『TRIANGLE』では、過去にリリースした曲もすべて現メンバー3人の歌声で再収録され、まさに新生Party Rocketsの第一歩といえる内容に仕上がっています。

TRIANGLE

新曲2曲を含む全5曲を熱唱

3日間でアルバム収録曲すべてを歌うというこのイベント。19日はその最終日ということもあり、開始前には「最終日なので楽しいイベントにできれば」とのアナウンスもありました。

イベントがはじまるとメンバー3人が舞台袖から登場。「Party Rocketsです!」と一言だけ挨拶すると、すぐに「弾丸ハイジャンプ」が流れ、躍動感溢れるダンスと抜群の歌唱力で観客を圧倒します。曲中では「君と手をつなぎ」という歌詞に合わせて3人で手を取り合うパフォーマンスも飛び出し、会場を盛り上げました。続く2曲目はMr.Bigのボーカル、エリック・マーティンが楽曲提供した「Secret Moon」。やや大人びた雰囲気の重厚なミディアムロックをクールに歌い上げました。

歌が終わるとMCへ。「今日はリリースイベント最終日ということで、最後までみなさんと楽しめればいいなと思います。よろしくお願いします。(あかり)」「みなさん、最終日も応援よろしくお願いします(史夏)」「今日もよろしくお願いします(悠佳)」とそれぞれ改めて自己紹介。また「12月17日に1stアルバム『TRIANGLE』をリリースしました。新曲2曲と旧音源をリテイクした全14曲が入っていて、ベストアルバム的な内容なので、ぜひゆっくり聴いていただけたらと思います」など、リリースの喜びを語りました。

トークの後は「イマジンな愛の歌」「KASABUTA」「セツナソラ」を3曲続けて披露。1曲目からパワフルでかっこいいパフォーマンスを見せて来た彼女たちでしたが、ラストの「セツナソラ」では、その爽やかな楽曲にぴったりの、とびきりの笑顔で会場を大いに盛り上げました。

14歳、15歳という年齢からは想像もつかない、大人びた表情と完成度の高いパフォーマンスで観客の心を掴んだと思えば、最後の「セツナソラ」では一転して少女らしい無邪気な顔を見せるなど、わずか5曲の短い時間でしたが、彼女たちが持つ豊かな表現力、ポテンシャルの高さを十分に感じさせるイベントとなりました。

『TRIANGLE』収録曲

1.RAINBOW!
2.Let’s Go!!
3.MIRAIE※エリック・マーティン提供曲
4.初恋ロケット
5.絶対 LOVE
6.日常ドリーマー
7.スタートライン
8.アゲハ今
9.ROCKIN’ HORSE BALLERINA
10.KASABUTA
11.Secret Moon※エリック・マーティン提供曲
12.弾丸ハイジャンプ
13.セツナソラ
14.イマジンな愛の歌

関連記事