SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

IoTにロボット義足の話も!最新技術がもたらす「少し先の未来」を学べるイベントが仙台で開催

tdc-conference-2015(画像は「東北デベロッパーズコミュニティ」公式サイトより)

東北デベロッパーズコミュニティ(略称:TDC)によるイベント「東北デベロッパーズカンファレンス2015」が2月21日(土)に仙台市市民活動サポートセンターで開催される。

新たな技術がもたらす未来とは

TDCは、東北IT業界の現場で奮闘する技術者や開発者を応援するためのコミュニティ。主な活動はセミナーやワークショップ、勉強会、懇親会などで、仙台市内で定期的にイベントを開催している。

今回の「東北デベロッパーズカンファレンス2015」は、TDCの7周年を記念して企画されたイベント。「少し先の未来」をテーマに、近い将来主流となるであろう技術について、その道の第一人者から話を聞くことができる。取り扱う技術は、スマート家電などに代表されるIoTロボット義足、Kinectなどの3D認識をはじめとしたセンシング、そしてオープンソースハードウェアと様々。

注目はオリンピック選手・為末大さんも取締役に名を連ねる義足のベンチャー、Xiborg(サイボーグ)代表取締役遠藤謙さんの講演「ロボット義足研究の最前線」。2020年に開催される東京パラリンピックの短距離競技において、義足のアスリートがオリンピック優勝者より早いタイムでゴールすることを目指し、バイオメカニクスを考慮した競技用義足の開発を行うXiborg。技術の力で世の中を変えようというその取り組みは、技術者なら学べることも多いはず。

イベントの開催日時は2015年2月21日(土)の13時30分から。会場は仙台市市民活動サポートセンターセミナーホールで、参加費は無料。また、イベント後には懇親会も予定されている。参加の申し込み、詳細はこちらのページからご確認を。

イベント概要

名称:東北デベロッパーズカンファレンス2015「少し先の未来」
日時:2015年2月21日(土)13:00~17:30(13:00開場)

会場:仙台市市民活動サポートセンターセミナーホール
住所:〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
定員:85名
料金:無料

関連記事