SENDAI Magazine

仙台・東北の凄い!楽しい!面白い!をお届けするウェブマガジン

メニュー

石橋凌、ミニアルバム「Neo Retro Music」のリリースを記念したインストアライブを蔦屋書店仙台泉店で開催!

ryo-ishibashi(「石橋 凌 (いしばしりょう) OFFICIAL WEBSITE」スクリーンショットより)

2015年3月28日(土)、蔦屋書店仙台泉店にて石橋凌さんの2ndミニアルバム「Neo Retro Music」の発売を記念したインストアライブ&サイン会が開催される。

アルバム購入でサイン会参加も

石橋凌さんといえば、ロックバンド、A.R.B(エーアールビー)の元ボーカルとして知られている。氷室京介、福山雅治、奥田民生など数多くのミュージシャンに影響を与えたA.R.Bだが、宮城県民にとっては東北楽天ゴールデンイーグルスの応援歌「荒鷲のうた」を歌ったバンドと言った方が馴染み深いかもしれない。また、アニメ好きの方であれば「輪るピングドラム」の挿入歌「ROCK OVER JAPAN」の原曲を歌うバンド、といえばピンとくるのではないだろうか。

そんなA.R.Bを2006年に脱退・解散した石橋さんは、2011年からソロアーティストとして音楽活動を再開した。そして今回、今年1月に発売したミニアルバム「Neo Retro Music」のリリース記念イベントとして、蔦屋書店仙台泉店の2Fイベントスペースでアコースティックライブを開催する。

ライブの観覧は無料。同店にて「Neo Retro Music」を購入するとサイン会に参加できる。日時は3月28日(土)15:00から。

関連記事

お知らせ

スポンサーリンク